読み込み中…

3ヶ月を過ぎた相続放棄

相続放棄の申述には期限があり、原則として相続が発生したことを知った日(被相続人が亡くなった日)から3ヶ月以内とされています。

相続放棄を行う場合には、期限内に被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所にて申述を行わなければなりません。

3ヶ月の期限を過ぎると自動的に単純承認したとみなされ、プラスの財産もマイナスの財産も含めた被相続人のすべての財産を相続することになります。

相続放棄の延長

すでにご説明しましたが、相続放棄を行う場合、相続人は相続が発生したことを知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所にて申述を行う必要があります。

3ヶ月の熟慮期間のうちに被相続人の財産調査をし、検討することになりますが、何らかの事情により申請が間に合わない、相続放棄をするか決断しかねる場合には「熟慮期間の伸長」の申立てをすることで熟慮期間を1~3ヶ月程度延長できる可能性があります。

(例)

  • 相続人が海外に住んでいるため手続きをすぐに進めることが難しい
  • 後から多額の借金が見つかった 等

熟慮期間の伸長をする際には相続の開始を知った日から3ヶ月以内に、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所へ申立てをします。

なお、申立てを行ったとしても受理されない場合もあります

3ヶ月を過ぎた相続放棄

相続放棄の期限である3ヶ月を経過しているに関わらず、最高裁判所が相続放棄を認めた判例があります。

具体的には「被相続人に借金があることを知らなかった」「被相続人と深い関りがなかった」など相当な理由があり、熟慮期間の3ヶ月を過ぎた相続において最高裁判所が相続放棄を認めました。

しかしながら、借金のことを知らなかったという理由だけで認められることは少なく、申述しても必ず相続放棄が受理されるわけではありません。
まずは一度、専門家へ相談してみましょう。

垂水相続遺言相談プラザでは司法書士の独占業務は、パートナーの司法書士が担当しております。当プラザでは専門家と連携をしてワンストップでお客様のお手伝いをさせていただいております。

垂水相続遺言相談プラザの相続放棄に関するサポート

相続放棄に関するお手伝いは、必要に応じて提携の司法書士と連携し、全体的なアドバイスをさせていただいた上で戸籍謄本の収集を行政書士としてお手伝いさせていただきます。費用は、55,000円~の目安となります。

  • 上記は税込表示となります。

相続放棄についての関連ページ

相続手続きについて知る

お手続きの方法や内容を相続に不慣れな方でも分かりやすいよう、ご説明させていただきます。

相続の基礎知識

垂水相続遺言相談プラザの
無料相談のご案内

STEP
1

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。

ご都合の良い日時をお伺いいたしますので、お客様の予定をお聞かせください。ご相談は事前予約制とさせていただいております。

STEP
2

スタッフが笑顔で対応させていただきます。

スタッフ一同が笑顔で対応させていただきます。場所が分からない場合はご案内いたしますので、お気軽にお電話ください。

STEP
3

お客さまのお困り事をお聞かせください。

90分~120分ほどのお時間をご用意しておりますので、現在のお困り事、心配事をゆっくりお聞かせください。面談の中で、費用についての説明も丁寧にさせていただいております。

垂水相続遺言相談プラザの
初回相談が無料である理由

垂水相続遺言相談プラザでは、初回のご相談を無料でお受けしております。これは、相続に不慣れな皆様に、気軽にお困り事を相談いただきたいと考えているからです。

無料相談は、90分~120分ほどの中でお困り事をお聞かせいただき、それについて相続の専門家が適切なお手続き内容をご案内いたします。

神戸市垂水区・西区・須磨区エリアの相続の専門家として、皆様に寄り添ったお手伝いを最後までさせて頂きますので安心してお任せ下さい。

神戸市垂水区・西区・須磨区
相続・遺言のご相談ならお任せください!

お電話でのご予約はこちら 神戸市垂水区・西区・須磨区近郊の相続・遺言ならお任せください! 078-779-1619 相続・遺言の
無料相談
メールでの
お問い合わせ