読み込み中…

預金の名義変更

相続が発生したら、被相続人名義の口座がある金融機関に口座名義人が亡くなったことを知らせましょう

金融機関は口座名義人が亡くなったことを知ると、該当の口座を凍結させ、相続人であっても被相続人名義の預貯金から現金を簡単には引き出すことができなくなります。
凍結した口座から預貯金を引き落とすためには、金融機関で名義変更等の手続きを行わなければなりません。
預貯金の名義変更方法については、遺産分割協議書の有無によって提出書類が異なるため、予め確認しておきましょう。

遺産分割協議書がない場合の払戻し

遺産分割協議がまだ開始しておらずとも、当面の生活費の補填や、医療費や葬儀費用等の支払いのために、一部の預貯金を引き出したい場合もあるでしょう。
被相続人の口座から払戻しを行いたい場合には、相続人全員からの合意を得たうえで、原則下記の書類を金融機関に提出します。

  • 金融機関所定の払戻し請求書(相続人全員の署名・実印での押印が必要)
  • 被相続人の預金通帳(紛失していても手続きは可能)
  • 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • 各相続人の現在の戸籍謄本

※金融機関によって必要書類が異なる場合もあるためご注意ください。

以前は、相続人の一人が葬儀費用等多額の金銭を立て替えていても、相続人全員の合意を得られなかった場合にはすぐには払戻しを受けられないという不都合が生じていました。
そこで、2019年7月に法改正があり、遺産分割前であっても相続人単独で、

相続開始時の預金額 × 3分の1 × 払戻しを希望する相続人の法定相続分

を限度に払戻しを受けることが可能となりました。
ただし、請求できる金額は1金融機関につき150万円までと定められています。

遺産分割協議書がある場合の払戻し

遺産分割協議後、協議の内容に基づいて預貯金の払戻しをする際に金融機関へ提出する書類は下記の通りです。

  • 金融機関所定の払戻し請求書(資産を承諾する人の署名・実印での押印が必要)
  • 遺産分割協議書(相続人全員の署名・実印での押印が必要)
  • 被相続人の預金通帳(紛失していても手続きは可能)
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • 被相続人の戸籍謄本(出生から死亡までのもの)
  • 各相続人の現在の戸籍謄本

※金融機関によって必要書類が異なる場合もあるためご注意ください。

口座の名義変更や払戻しのお手続きを進める中でお困りのことがございましたら、ぜひ相続の専門家にご相談ください。

遺産の名義変更の関連ページ

相続手続きについて知る

お手続きの方法や内容を相続に不慣れな方でも分かりやすいよう、ご説明させていただきます。

相続の基礎知識

垂水相続遺言相談プラザの
無料相談のご案内

STEP
1

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。

ご都合の良い日時をお伺いいたしますので、お客様の予定をお聞かせください。ご相談は事前予約制とさせていただいております。

STEP
2

スタッフが笑顔で対応させていただきます。

スタッフ一同が笑顔で対応させていただきます。場所が分からない場合はご案内いたしますので、お気軽にお電話ください。

STEP
3

お客さまのお困り事をお聞かせください。

90分~120分ほどのお時間をご用意しておりますので、現在のお困り事、心配事をゆっくりお聞かせください。面談の中で、費用についての説明も丁寧にさせていただいております。

垂水相続遺言相談プラザの
初回相談が無料である理由

垂水相続遺言相談プラザでは、初回のご相談を無料でお受けしております。これは、相続に不慣れな皆様に、気軽にお困り事を相談いただきたいと考えているからです。

無料相談は、90分~120分ほどの中でお困り事をお聞かせいただき、それについて相続の専門家が適切なお手続き内容をご案内いたします。

神戸市垂水区・西区・須磨区エリアの相続の専門家として、皆様に寄り添ったお手伝いを最後までさせて頂きますので安心してお任せ下さい。

神戸市垂水区・西区・須磨区
相続・遺言のご相談ならお任せください!

お電話でのご予約はこちら 神戸市垂水区・西区・須磨区近郊の相続・遺言ならお任せください! 078-779-1619 相続・遺言の
無料相談
メールでの
お問い合わせ