読み込み中…

遺留分について

遺留分とは、一部の法定相続人に定められている、最低限相続できる遺産の割合のことをいいます。

被相続人は遺言書を残すことによって、誰にどのくらい財産を残すかについて指定をすることができますが、遺留分が侵害されていた場合、遺留分の権利者は遺留分の請求が可能です。

遺留分の権利者とは

遺留分を請求する権利がある人を遺留分の権利者といいます。
遺留分の権利者は以下の法定相続人であり、被相続人の兄弟姉妹に権利はありません。

  • 被相続人の配偶者
  • 子(代襲者を含む)
  • 直系卑属である父・母および祖父母

なお、上記の法定相続人に含まれる場合でも、遺留分の権利が受けられないケースがあります。

(例)被相続人により相続廃除や相続欠格者にされた

遺留分として取り戻せる割合

遺留分として取り戻せる割合は以下のように定められています。

  • 配偶者または子:法定相続分の1/2
  • 両親:法定相続分の1/2(法定相続人に配偶者がいなければ1/3)
  • 兄弟姉妹:遺留請求の権利なし

遺留分の算出方法

たとえば夫婦と子供2人の家族のうち、夫が亡くなり施設に全額寄付するという旨の遺言書が残されていた場合、法定相続人である配偶者の妻と子は遺留分を請求することができます。

夫の遺産が預貯金5,000万円、債務1,000万円の場合の妻と子供の遺留分は以下の通りです。

遺留分の算定の基礎となる財産:5,000万円-1,000万円=4,000万円
妻と子供、3人分の遺留分:4,000万円×1/2(遺留分の割合)=2,000万円
妻の遺留分:2,000万円×1/2(法定相続分)=1,000万円
子供1人分の遺留分:2,000万円×1/2(法定相続分)×1/2(子2名)=500万円

よって妻は1,000万円、子供は500万円が遺留分となり、最低限相続できる権利を持ちます。
遺言書の内容を確認し、この金額を相続できない場合には遺留分が侵害されていることになりますので、遺留分の請求をすることが可能です。

相続の基礎知識の関連ページ

相続手続きについて知る

お手続きの方法や内容を相続に不慣れな方でも分かりやすいよう、ご説明させていただきます。

相続の基礎知識

垂水相続遺言相談プラザの
無料相談のご案内

STEP
1

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。

ご都合の良い日時をお伺いいたしますので、お客様の予定をお聞かせください。ご相談は事前予約制とさせていただいております。

STEP
2

スタッフが笑顔で対応させていただきます。

スタッフ一同が笑顔で対応させていただきます。場所が分からない場合はご案内いたしますので、お気軽にお電話ください。

STEP
3

お客さまのお困り事をお聞かせください。

90分~120分ほどのお時間をご用意しておりますので、現在のお困り事、心配事をゆっくりお聞かせください。面談の中で、費用についての説明も丁寧にさせていただいております。

垂水相続遺言相談プラザの
初回相談が無料である理由

垂水相続遺言相談プラザでは、初回のご相談を無料でお受けしております。これは、相続に不慣れな皆様に、気軽にお困り事を相談いただきたいと考えているからです。

無料相談は、90分~120分ほどの中でお困り事をお聞かせいただき、それについて相続の専門家が適切なお手続き内容をご案内いたします。

神戸市垂水区・西区・須磨区エリアの相続の専門家として、皆様に寄り添ったお手伝いを最後までさせて頂きますので安心してお任せ下さい。

神戸市垂水区・西区・須磨区
相続・遺言のご相談ならお任せください!

お電話でのご予約はこちら 神戸市垂水区・西区・須磨区近郊の相続・遺言ならお任せください! 078-779-1619 相続・遺言の
無料相談
メールでの
お問い合わせ