読み込み中…

公正証書遺言の作成について

民法では、遺言書の方式として①自筆証書遺言②公正証書遺言③秘密証書遺言の3種類(普通方式)があります。

こちらのページでは、3種類の中で最も確実に遺言書を残す方法として「公正証書遺言」についてご紹介してまいります。

「公正証書遺言」は、遺言者が公証役場に出向き、口頭にて述べた遺言内容を公証人が筆記し作成する方法です。
公証人とは別に2名以上の証人が必要となり、ご自身でどなたかに依頼して証人を準備することになります。

ご自身で作成する自筆証書遺言と比べると、証人の準備や費用が必要となり、手間がかかりますが、公証人が作成してくれるため方式の不備などで遺言書が無効になることがありません。

また、原本を公証役場で保管してくれるため、紛失や遺言内容の捏造といったことへの心配がない点も大きなメリットと言えます。

公正証書遺言で遺言書を作成する際の流れ

  1. ご自身で事前に依頼した2名以上の証人とともに公証役場を訪問する
  2. 遺言者が口述した遺言内容を公証人が筆記にて書面にする
  3. 口述内容を本人および証人へ読み上げ、あるいは閲覧にて確認する
  4. 筆記内容に間違いがなければ、遺言者および2名以上の証人ともに署名・押印を行う
  5. 公証人が法律に基づいて作成した遺言書である旨を記載、署名・押印を行う 

なお、公証役場を訪れる際は事前に電話で確認・予約をしておくとスムーズに手続きを進めることができます。

また、公正証書の作成にあたり、2名以上の証人が必要になりますが、下記に当てはまる方は証人になることはできません。

  • 未成年者
  • 法定相続人(その配偶者および直系血族を含む)
  • 受遺者(その配偶者および直系血族を含む)

証人を依頼できる方が身近にいない際には、相続の専門家に依頼することもできます。
また、公正証書遺言は手話や通訳を介した申述や筆談による作成も可能です。
聴覚や言語機能に障害がある方も安心して作成いただけます。

遺言書の作成の関連ページ

相続手続きについて知る

お手続きの方法や内容を相続に不慣れな方でも分かりやすいよう、ご説明させていただきます。

相続の基礎知識

垂水相続遺言相談プラザの
無料相談のご案内

STEP
1

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。

ご都合の良い日時をお伺いいたしますので、お客様の予定をお聞かせください。ご相談は事前予約制とさせていただいております。

STEP
2

スタッフが笑顔で対応させていただきます。

スタッフ一同が笑顔で対応させていただきます。場所が分からない場合はご案内いたしますので、お気軽にお電話ください。

STEP
3

お客さまのお困り事をお聞かせください。

90分~120分ほどのお時間をご用意しておりますので、現在のお困り事、心配事をゆっくりお聞かせください。面談の中で、費用についての説明も丁寧にさせていただいております。

垂水相続遺言相談プラザの
初回相談が無料である理由

垂水相続遺言相談プラザでは、初回のご相談を無料でお受けしております。これは、相続に不慣れな皆様に、気軽にお困り事を相談いただきたいと考えているからです。

無料相談は、90分~120分ほどの中でお困り事をお聞かせいただき、それについて相続の専門家が適切なお手続き内容をご案内いたします。

神戸市垂水区・西区・須磨区エリアの相続の専門家として、皆様に寄り添ったお手伝いを最後までさせて頂きますので安心してお任せ下さい。

神戸市垂水区・西区・須磨区
相続・遺言のご相談ならお任せください!

お電話でのご予約はこちら 神戸市垂水区・西区・須磨区近郊の相続・遺言ならお任せください! 078-779-1619 相続・遺言の
無料相談
メールでの
お問い合わせ