読み込み中…

危急時遺言について

遺言書として広く知られている作成方法は普通方式で①自筆証書遺言②公正証書遺言③秘密証書遺言の3種類があります。

この他に、一般的にあまり知られていない「危急時遺言」というものもあります。
こちらのページでは、危急時遺言のひとつである「一般危急時遺言」についてご説明してまいります。

どのような遺言書を残したいかによって方式を検討なさってください。

死亡の危急が迫っている場合に行う「一般危急時遺言」

「一般危急時遺言」とは、遺言者が病気やケガによって死亡の危急が迫っていて、ご自身で署名・捺印ができない状態の場合に行う遺言方式です。

作成方法としては、遺言者が口頭で残した遺言を証人が自筆またはパソコンにて書面にしていきます。この遺言書の作成にあたっては証人3名以上の立会いが必要です。

ただし、遺言者が口のきけない状態にある場合については、手話通訳による申述も認められています。※録音は無効とされています。

遺言内容に間違いがないかを、遺言者と書面化した証人以外の2名で確認し、正しい内容であれば署名・捺印を行います。

書面ができたら、遺言の日から20日以内に証人(または利害関係にある者)が家庭裁判所へ請求し、内容確認、認められれば初めて遺言として効力を持ちます。

家庭裁判所へ提出する書類は下記です。

  • 書面化した遺言の写し
  • 病院の診断書
  • 遺言者および立ち会った証人全員の戸籍謄本

この一般危急時遺言の注意点として、危急状態にあった遺言者が後に回復し普通方式で遺言書を作成できるようになった場合、その時点から6か月経過で遺言内容が無効になるという点です。

ここまで危急時遺言についてご説明して参りましたがいかがだったでしょうか。
一般危急時遺言はあまり一般的でない上、生死を彷徨うような突然の事故や本当に緊急な場合にのみ認められる方式です。
遺言書の作成を検討している方は、余裕を持って取り組むようにしましょう。

遺言書の作成の関連ページ

相続手続きについて知る

お手続きの方法や内容を相続に不慣れな方でも分かりやすいよう、ご説明させていただきます。

相続の基礎知識

垂水相続遺言相談プラザの
無料相談のご案内

STEP
1

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。

ご都合の良い日時をお伺いいたしますので、お客様の予定をお聞かせください。ご相談は事前予約制とさせていただいております。

STEP
2

スタッフが笑顔で対応させていただきます。

スタッフ一同が笑顔で対応させていただきます。場所が分からない場合はご案内いたしますので、お気軽にお電話ください。

STEP
3

お客さまのお困り事をお聞かせください。

90分~120分ほどのお時間をご用意しておりますので、現在のお困り事、心配事をゆっくりお聞かせください。面談の中で、費用についての説明も丁寧にさせていただいております。

垂水相続遺言相談プラザの
初回相談が無料である理由

垂水相続遺言相談プラザでは、初回のご相談を無料でお受けしております。これは、相続に不慣れな皆様に、気軽にお困り事を相談いただきたいと考えているからです。

無料相談は、90分~120分ほどの中でお困り事をお聞かせいただき、それについて相続の専門家が適切なお手続き内容をご案内いたします。

神戸市垂水区・西区・須磨区エリアの相続の専門家として、皆様に寄り添ったお手伝いを最後までさせて頂きますので安心してお任せ下さい。

神戸市垂水区・西区・須磨区
相続・遺言のご相談ならお任せください!

お電話でのご予約はこちら 神戸市垂水区・西区・須磨区近郊の相続・遺言ならお任せください! 078-779-1619 相続・遺言の
無料相談
メールでの
お問い合わせ